賃貸物件であると便利なグッズ案内

賃貸物件において、窓のセキュリティが完備されているところを探します。なければ自分でグッズで調整します。

賃貸物件であると便利なグッズ案内

賃貸物件において窓に使えるグッズ

防犯対策として、玄関だけ守れば良いと思うことがあります。防犯カメラを設置したり、鍵を厳重にしたりです。そうすれば確かに玄関から入られることは少なくなるでしょう。でも、玄関に問題がないのであれば、窓に注目されるかもしれません。もちろん狙われることがあるのです。玄関への防犯意識が高まっていることもあって、こちらへの意識が薄くなっているところを漬け込まれるかもしれません。賃貸物件を利用するときにもチェックしたいところになるでしょう。1階の場合であれば、塀などを超えればすぐに入られる状態になります。場合によっては、道路に面していたりします。人通りが少ないところであれば、簡単に開けられて、入られてしまうかもしれません。

防犯対策としては、こちらの方にも防犯カメラが設置されていると助かります。さらにセンサーライトがあれば、夜などに効果があります。自分で設置しようとするとお金もかかることです。入居してから取り付けを依頼すると、費用を負担させられることもあります。予めついているところを選んだほうが安く済ませることができるでしょう。新しいところであれば防犯対策がしていなければ入居されないことから、ある程度の設備がついていることがあります。しかし、古い物件においてはないのが当たり前のこともあります。ついていないのを前提に探すことも考えてみます。ないのを前提にして、自分なりにグッズを使って、対策をするようにしていくのです。

よく取り付けられている鍵のようなものは、実際には鍵ではありません。ですから補助鍵をつけるようにします。上下につけるようにすれば確実です。手でロックするものもあれば、別途の鍵でロックするタイプもあります。ガラスを割られないようにシートを貼ることがあります。貼ることによって、トンカチなどで叩いても割れたり粉々になったりしません。センサーブザーを付けて、開いたときに大きなブザーが鳴るようにすることもあります。

Copyright (C)2017賃貸物件であると便利なグッズ案内.All rights reserved.