賃貸物件であると便利なグッズ案内

賃貸物件を選ぶポイントは多々ありますが、窓についてご説明します。築年数によっても変わります。

賃貸物件を選ぶポイント:窓

賃貸物件の窓や日当たりについてのお話をします。窓は生活に大きく影響します。まず日当たりについてですが、南側に大きな窓があると日当たりがよく快適な生活を過ごせます。北側は日当たりは望めませんが、意外と明るいものです。東側と西側は朝日や西日で部屋の温度が大きく変わります。例えば西側に大きな窓があると夏場は西日で部屋の中がかなり暑くなるので、夕方に仕事から家に帰ってくると家の中がむんむんとする場合もあるでしょう。ただしカーテンなどで防ぐという防止策もあります。東側は朝日が入って朝が気持ちいいものですが、冬場は東は意外と冷えるものだったりします。

また、築年数にも注意しましょう。物件の築年数が古く、大規模なリフォームなどが入っていない場合は必然的に窓も古く、すきま風が入ってくることもあります。鍵もたてつけが悪いこともあるでしょう。ホームセンターなどですきま風対策や鍵対策のグッズを買うこともできますが、すきま風の場合は同時にほこりやゴミ、砂などが入ってくることもあるので、物件の周辺状況も確認しておきましょう。目の前に公園などがあると砂場の砂などが入ってくることもあるかもしれません。そして窓は強い振動や衝撃で割れることもあるものです。できればベアガラスなどの強化ガラスだと安心ですよね。衝撃に強いだけでなく、外気を遮断する機能も高いので冷暖房の効きにも影響するでしょう。窓にも注目して部屋選びをしましょう。

関連情報

Copyright (C)2017賃貸物件であると便利なグッズ案内.All rights reserved.