賃貸物件であると便利なグッズ案内

賃貸物件探しでは、窓の位置や大きさ、形状が住み心地に影響があります。注意して選びましょう。

窓の位置や大きさと形状は、賃貸の住み心地に影響。

賃貸で住まい探しをするときには、間取りと立地を重視することでしょう。ところが、忘れてはならないものがあります。それは窓です。窓の何が大切かと言いますと、実際に住む上での快適さやプライバシーに大きく影響するからです。まず、実用面についてです。寒冷地の場合は窓が二重サッシか否かであるかを必ず確認しましょう。冬になり暖房を入れる季節になると、二重サッシではない窓は結露がひどく、寒さもこたえます。もちろん、防音、防犯の効果も期待できます。元々寒冷地に住んだ経験がある人はすぐにチェックしたくなる項目ですが、注意が必要なのは温暖な地域にしか住んだことのない方が寒冷地で物件を探す場合です。このような方の場合は窓の状態にまで気が回らないことが多いので気をつけましょう。

次に注意したいのは、窓の位置と大きさです。特に、女性の一人暮らしの場合は、通路に面した場所に窓がない物件の方が外に気配が漏れにくいのでお勧めです。女性はつい、キッチンを可愛く仕立てたくなります。何気なく飾ったカフェカーテン、キッチン雑貨が通路のすりガラス越しに見えてしまうと、女性が住んでいることが分かってしまうので注意しましょう。また、誰にでも共通するのは窓を開けた場合、お隣さんの窓や玄関と向かい合っていると、窓が開けにくくなります。小さい子供がいる場合には、2階以上の部屋の場合は特に、腰高窓の高さが低いと、子供がうっかり転落するなどの危険があるので注意したいものです。

関連情報

Copyright (C)2017賃貸物件であると便利なグッズ案内.All rights reserved.