賃貸物件であると便利なグッズ案内

高校生の頃に住んでいた家は賃貸で古い木造の家でした。その家の窓の窓枠は木だったので鍵が昔式でした。

高校生時代に住んでいた賃貸の家の窓枠は木でした。

高校生時代に住んでいた家は木造の家で賃貸でした。確かに古い家でしたが、すごく家は広かったです。部屋が5つあり台所にリビングがりました。我が家が4人家族で当時は猫も飼ったいて猫が7匹いました。なので広い家が良かったのです。それに庭もあり犬を3匹飼っていたので庭もある程度の広さがあったのでその物件は古いですが我が家の理想の家でした。大家さんも良い人でもう古いので後は取り壊すしかないから好きにして良いと言われていたのです。そんな家は本当に古いので窓も古く窓枠は木でした。最近は特にもうみかけなくなってしまいましたが、当時でもすでにあまりなかったです。窓枠が木だったので鍵が普通の窓とは違います。

クルクルまわしながらする鍵です。最初は鍵の閉め方すらよくわかりませんでした。この鍵の窓は風が強い日などはすごくがたがた音がなります。がたがたいうという事は隙間があるという事なので冬は寒いです。隙間風がよく入ってくるからです。今だったらちょっと驚きですが当時はあまり気にもしませんでした。まだ私も若かったので寒さっもあまり感じませんでした。今考えると家も広いのでそんな隙間風が入ってきたらすごく寒かったと思います。でもそんな家に住む事が出来て良かったと思います。今ではそんな窓の家自体がなかなかありません。私の娘が大きくなった時にそんな話をするとすごく驚くと思います。きっともし娘がその窓を見ても鍵のかけ方が分からないと思います。

関連情報

Copyright (C)2017賃貸物件であると便利なグッズ案内.All rights reserved.