賃貸物件であると便利なグッズ案内

賃貸住宅を選ぶ際に忘れられがちな窓ですが、今回はこの窓の重要性と選び方についてまとめてみました。

窓と採光に視点を置いた賃貸物件の選び方

賃貸住宅を選ぶ際に何に重きを置くかはそれぞれですが、重要なわりに忘れられがちなポイントが窓ですね。今回はこの窓に焦点を置いて考えてみましょう。住宅における窓とは単なる換気設備というだけではなく採光設備でもあるのです。採光、つまり光を取り入れるためのものということです。この光というものは非常に重要で、同じ広さの部屋でも採光量が多い=明るい部屋であるほど面積が広く見えて、より開放感が生まれるのです。加えて日光が多く入ってくれば殺菌効果もあるのでカビや虫の発生を抑えることもできるのというわけです。賃貸を探す際は是非この窓と光の多さも判断のポイントに加えましょう。

採光量が多い部屋の窓選びのポイントとはまず窓の設置場所と角度です。どの方角を向いているかで取り入れる事ができる光の量が大幅にかわります。ついで、窓の大きさと枚数です。建築基準法では窓の面積はその部屋(居室の場合)の床面積の1/7以上を必要としておりますが、これはもちろん大きいほど入ってくる光の量も多いわけです。また、枚数が多いほど日光が入ってきますので、出窓のある角部屋はより光の入りやすい部屋といえるでしょう。向かいに他のマンション等が建っていない南向きの部屋なら理想的です。そして窓ガラスの形や種類です。窓面積が大きくても透明ガラスではなく曇りガラスのものはフィルターがかかってしまうため採光量が減ります。(その代わり柔らかな光になりますが)このように、賃貸で明るい部屋を選びたい時には光源向きの大きな窓の多い部屋を選ぶようにすると良いでしょう。

Copyright (C)2017賃貸物件であると便利なグッズ案内.All rights reserved.